税と財務を統合

Tax Reporting Cloudは、最新の税金レポート・プラットフォームで、プロセスを改善し、人と人とを結び付け、既存の財務システムとの連携を実現します。一言でいえば、税金レポートが簡単になりました。
 

すぐに利用できる税金レポートのベスト・プラクティス

ベスト・プラクティスを利用すれば、税を取り扱う企業の部門は、グローバルな税金レポート要件に継続して対応しやすくなります。税引当機能および国別報告書機能をすぐに使用できます。
 

税処理の向上

その他の主要な税処理にもスプレッドシートを使用するのはやめましょう。ワークフローや構成可能な税スケジュール、ダッシュボード、強力なレポート作成機能が、論争管理、不確実な税務ポジション、研究開発の税額控除、移転価格用のデータ収集、税務コンプライアンスのためのデータ収集など、あらゆる税処理の自動化を可能にします。
 

税と財務のシームレスな透過性

税と財務のDNAは共通しています。お客様の企業が投資したOracleテクノロジを活用することで、税処理の効率が向上し、制御が強化されて、これまでとは比較にならないほど帳簿と税金レポートが統合されます。
 

使いやすく所有しやすい

構成ウィザードを使用すると、税処理を簡単な手順で構成および保守できます。Oracle Cloudは所有しやすいだけでなく、いつでも財務システムにアクセスできます。

ハイライト

経営管理レポートの解説
顧客および同業者から規制機関まで、誰もが、データの正確な報告、およびその説明の提供を要求しています。
スプレッドシートを捨てて、より迅速な財務決算を実現
迅速で強固なエンドツーエンドの財務決算を実現するために、主要要件、実証済のベスト・プラクティスおよび最新の自動化について学びましょう。
2017年のEPMクラウド・トレンド・レポート
クラウド・テクノロジは急速に主流になりつつあり、意思決定者は、クラウドによる統合業績管理(EPM)サービスから得られる莫大な利益に気付き始めています。
最新の財務のエクスペリエンス
手動によるタスクが、ソフトウェア・ロボットや高度な認知システムに置き換えられつつあります。その方法を明らかにしましょう。2018年2月13日から15日、ニューヨーク。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム