サブスクリプション管理

新しいビジネス・モデルのイノベーションを促進し、継続的な関係を実現することで、商品およびサービスからさらなる収益を生み出します。Oracle Subscription Managementは、フロントオフィスのプロセスとバックオフィスのプロセスを1つの非常に効率的なプラットフォームで統合します。
 

サブスクリプションの360度ビュー

顧客データを1つの包括的なビューで提供することで、サブスクリプション・アクティビティの総合的な理解が可能になります。
 

サブスクライバの満足度の向上

バック・オフィスの連携が保証された状態でサブスクリプションの変更を実行することで、長期的な顧客満足度を確保します。
 

固定および定期オーダーの柔軟性

何千もの価格設定モデル、デリバリ・モデルおよび請求モデルと複数のカスタマ・タッチポイントをサポートします。
 

単一ベンダー、フル・スタックのソリューション

フロント・オフィスのプロセスとバックオフィスのプロセスが1つの非常に効率的なプラットフォーム上でシームレスに統合され、クラウドベースのアプリケーションが強化されます。
 

収益認識ルールの保持

ほとんどのCFOが好むコアERPシステムに収益認識を保持します。
 

既存のソリューションの活用

追加機能については既存のコア機能を活用し、重複を伴うニッチ・ソリューションを作成しないようにします。

ハイライト

サブスクリプション・サービスがあらゆる業界に浸透
自動車やジェット・エンジンの販売から衣料品の販売や娯楽、教育サービスに至るまで、何千もの企業にとってサブスクリプションは収益モデルとなりつつあります。いくつかの新しいサブスクリプション・モデルとそれらの管理に何が必要かをご覧ください。
所有権の終わり
かつてベンダーの選択の幅は狭く、提供される製品も限られた範囲のものでしたが、現在では製品の選択肢は際限がないと思えるほどになり、幅広い利用オプションが用意されています。
カスタマ・エクスペリエンスをデジタル化された未来に組込む
ビジネスにおいてデジタル転換の利点を享受し、Oracle CXチームとの自由なイノベーション・セッションを活用する方法をご覧ください。
Oracle Cloud Day
未来はクラウドにあります。しかし、そこにたどり着くためにはどのような道を通るのがベストでしょうか。Oracle Cloud Dayで確かめてください。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム