インテリジェントなサプライ・チェーンへの

近道を構築

クラウドおよび最新のサプライ・チェーン向けにゼロから構築されたOracle SCM Cloudは、独自のインテリジェントなサプライ・チェーンの作成に必要な可視性、インサイトおよび機能を提供します。適応性が高くインテリジェントなサプライ・チェーンを紹介する下のビデオを見て、テクノロジがSCMに及ぼす影響を確認してください。
 
 

サプライ・チェーン管理

製品のイノベーション、戦略的な資材ソーシング、アウトソースした製造、統合された物流、チャネル全体のフルフィルメント、需要と供給の計画の統合などの機能を備えたOracle SCM Cloudは、クラウドの中で最も包括的なSCMスイートです。Oracle SCM Cloudでは、最小限のリスク、低いコストおよび最大限の柔軟性で機能を増分的にデプロイできます。これらすべてに継続的な機能イノベーションのメリットがあります。
In-Memory Cost Management Cloudで、企業全体の原価戦略の定義、無制限のwhat-ifシナリオのシミュレート、および原価、利益および収益性分析の実行をすべてリアルタイムで行えます。
Inventory and Cost Management Cloudを使用すれば、資材フロー、倉庫作業、および製品コストをサプライ・チェーン全体にわたって包括的に可視化し、管理できます。
国内輸送、国際輸送のいずれを問わず、あらゆる倉庫のニーズと輸送モードを管理して、コストを減らし、効率性を高めてコンプライアンスを確保できます。
組織のメンテナンスとサプライ・チェーン、財務アプリケーションを結び付ける統合ソリューションで作業を効率的に計画して実行することにより、コスト効率が高く、合理的な方法で、メンテナンス・プロセスを刷新できます。
Manufacturing Cloudを使用すると、ビジュアライゼーション、バックフラッシュ・トランザクションおよびソーシャル・コラボレーションを通じて、コストをコントロールしながら製造プロセスを合理化できます。
すべてのチャネルのオーダーを管理し、顧客の単一のビューを取得します。Order Management Cloudを使用すれば、Order to Cashプロセスを調整し、例外をプロアクティブに解決できます。
Procurement Cloudを使用して、自動化およびソーシャル・コラボレーションによりソーシング-支払いプロセスを合理化し、さらにコストを管理してより高い利幅を達成します。
Product Lifecycle Management Cloudは、収益性の高い革新的な製品をすばやく開発・商品化できるよう設計された統合型プラットフォームです。Product Lifecycle Management Cloudを使用すれば、イノベーションから最大限の収益を引き出し、ビジネスの成長を加速させることができます。
Product Master Data Management Cloudでは、データの統合、リッチ化、ガバナンス、および共有機能を通じて、製品を効果的に管理できます。
Supply Collaboration and Visibility Cloudを使用すると、エンタープライズ内および主要な取引相手との間で、分断されているところを検出し、分析して解決できます。エンドツーエンドのプロセスをインテリジェントに自動化することで、サプライ・チェーン全体の効率と応答性を高められます。
Supply Chain Planning Cloudで、ビジネスの課題や変化の一歩先を行くことができます。収益増加やコスト削減の戦略を積極的に工夫して、企業全体で足並みを揃え、その戦略を一貫して実行できます。
業界で実証されているSCMのベスト・プラクティスや事前に組込み済のダッシュボード、レポートおよびメトリックで、日常業務を合理化し、サプライ・ネットワークの応答性を戦略的に最適化します。
 
 

ハイライト

SCMリリース13のドキュメンテーションを公開
オラクルのリリース・レディネス・アセットを使用して、最新クラウド・リリースに関する情報を入手し、アップグレードを成功させてください。
今すぐ未来について知る
Oracle Cloud Dayにぜひご参加を。これは世界的なイベントの一環で、クラウドをとおした未来のテクノロジを身近に体感できます。
FEMSA Logistica、OTM Cloudで1日に4,000台のトラックを管理
FEMSA Logisticaの輸送副ディレクタであるJuan Carlos Christy氏が、Oracle Transportation Management Cloudを使用して、4000台の専用トラックの管理がどのように改善されたかを説明します。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム