セキュリティ、コンプライアンスおよび内部統制のプロセスの自動化

Oracle Risk Managementを使用して、アクセスの管理、内部統制の自動化、プロセスの監視、およびコンプライアンスの徹底をERP Cloudデプロイメント内部で行います。
 

インサイト主導

財務の監督を強化して、リスク対応の効果的な意思決定と文化を築きます。
 

戦略的

コンプライアンス活動を利用し、あらゆる職務においてプロセス上の問題点を特定して解決します。
 
 

並外れた効率性

統制の監視やテストなど、労働負荷の高いタスクを自動化して、手動の作業とエラーを削減します。
 

統制の確保とコンプライアンス

職務分掌と統制の有効性を実証し、自動統制によって生成される証拠で監査を迅速化します。
 

ハイライト

リスク管理によりOracle ERP Cloudを保護し、強化する
Oracle Risk Management Cloudを使用して、財務および業務上のリスクを管理し、Oracle ERP Cloudを保護する方法をご覧ください。プロアクティブなアナリティクスと自動化により、手作業のプロセスにかかる時間を削減します。
リスク管理とコンプライアンスの各ツールをクラウドへ移行する3つの理由
米国で企業改革法(SOX)が可決されてから約15年が経過しますが、企業は依然として、従業員の不正行為防止に苦戦しています。
効果的なリスク管理
オラクルの最高会計責任者であるCorey Westが、リスク、セキュリティ、コンプライアンスを合理化する際のRisk Management Cloud ServicesおよびERP Cloudの価値について語っています。
ERPをクラウドに移行する新たな10の理由
コストの削減やビジネス・モデルの変革の他に、オンプレミスのERPをクラウドに移行する10の新しい理由があります。
最新の財務のエクスペリエンス
手動によるタスクが、ソフトウェア・ロボットや高度な認知システムに置き換えられつつあります。その方法を明らかにしましょう。2018年2月13日から15日、ニューヨーク。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム