エンタープライズVMwareワークロードを最新のパブリック・クラウド上で実行

既存のVMwareまたはKVMベースのデータセンター・ワークロードをOracle Cloud Infrastructure、AWSまたはGCP上にそのままシームレスにデプロイするため、VM、ネットワークまたはストレージに対する変更が不要です。

敏捷性の向上

プロビジョニング時間を週単位から分単位に縮小します。クラウドの無限の容量を利用して、複数のパラレル環境をデプロイできます。

コストの削減

データセンターの実行および管理に関連するCapExおよびOpExを削減します。Ravelloでは、シンプルでコスト効率の高い使用量ベースの価格設定を採用しています。

「そのまま」でデプロイ可能

Ravelloのネストされたハイパーバイザによって、完全なマルチVMデータセンター・ワークロード(L2ネットワーキングを含む)の忠実度の高いクローンである、移行なしのクラウド環境が有効になります。

地理上の制約がない拡張性

どのクラウド上でも必要な数だけの環境をグローバルにデプロイして、不要になれば切り離します。
 
 

3ステップでクラウドに移行

1. オンプレミスのアプリケーションVMをRavelloにアップロード
ユーザーは、VMをvCenterまたはvSphereから直接アップロードすることも、OVF/OVA形式でアップロードすることもできます
2. アプリケーションVMをRavello Canvasにドラッグ・アンド・ドロップ
Ravelloがオンプレミス環境に合せてVM、ネットワークおよびストレージを自動的に構成します
3. クラウドでアプリケーションを実行
アプリケーションを最寄りのクラウド・リージョンに公開します

その他のリソース

エンタープライズ・アプリケーション・ライフサイクルのステージごとのクラウドでのデータセンターに類似した環境
Ravello Systemsのオンデマンドで全社規模のサイバー・レンジ
Oracle Ravello Cloud Serviceの使用を開始する
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム