隠れた利益と損失の検出と対応

多次元の収益性を検出するためのインサイトと柔軟性をビジネス・ユーザーに与えます。
 

コストと利益の促進要因の検出

コストと収益の根本原因を理解することで、潜在的な利益を最大化し、コストを管理します。
 

ユーザーへの柔軟性の付与

データ・ソーシング、スプレッドシートおよびコーディングの変更に費やす時間を短縮します。ITへの依存を削減し、結果の分析に使用できる時間を増やすことで、ビジネス・ユーザーを管理します。
 

財務上の意思決定の改善

迅速な仮定変更を通じて利益を最大化またはコストを最小化し、LOBリーダーにアクション可能な業績情報を提供します。
 

収益性と報告義務の文化の創出

変更に影響を与えることのできる人に権限を与え、共有コスト割当てに対する透明性を通じてビジネス・ユーザーからの賛同を得ます。

ハイライト

経営管理レポートの解説
顧客および同業者から規制機関まで、誰もが、データの正確な報告、およびその説明の提供を要求しています。
スプレッドシートを捨てて、より迅速な財務決算を実現
迅速で強固なエンドツーエンドの財務決算を実現するために、主要要件、実証済のベスト・プラクティスおよび最新の自動化について学びましょう。
2017年のEPMクラウド・トレンド・レポート
クラウド・テクノロジは急速に主流になりつつあり、意思決定者は、クラウドによる統合業績管理(EPM)サービスから得られる莫大な利益に気付き始めています。
最新の財務のエクスペリエンス
手動によるタスクが、ソフトウェア・ロボットや高度な認知システムに置き換えられつつあります。その方法を明らかにしましょう。2018年2月13日から15日、ニューヨーク。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム