隠れた利益と損失の検出と対応

多次元の収益性を検出するためのインサイトと柔軟性をビジネス・ユーザーに与えます。
 

コストと利益の促進要因の検出

コストと収益の根本原因を理解することで、潜在的な利益を最大化し、コストを管理します。
 

ユーザーへの柔軟性の付与

データ・ソーシング、スプレッドシートおよびコーディングの変更に費やす時間を短縮します。ITへの依存を削減し、結果の分析に使用できる時間を増やすことで、ビジネス・ユーザーを管理します。
 

財務上の意思決定の改善

迅速な仮定変更を通じて利益を最大化またはコストを最小化し、LOBリーダーにアクション可能な業績情報を提供します。
 

収益性と報告義務の文化の創出

変更に影響を与えることのできる人に権限を与え、共有コスト割当てに対する透明性を通じてビジネス・ユーザーからの賛同を得ます。

ハイライト

利益を生むものとそうでないものがわかりますか。
今日のハイペースで競争の激しいグローバルなビジネス環境では、組織はリソースと資金の適切な集中を図ることが不可欠です。
2018年のEPMクラウド・トレンド・レポート
オラクルが年に一度発行し、今年で5回目になる統合業績管理(EPM)トレンド・レポートによると、回答者の半数以上(62パーセント)がEPMプロセスをクラウドにすでに移行したか、今後1年以内に移行する予定です。
原価計算と収益性をクラウドに移行
ビジネスを変革したいのであれば、着目する点は数多くあります。
Oracle Cloud Day
未来はクラウドにあります。しかし、そこにたどり着くためにはどのような道を通るのがベストでしょうか。Oracle Cloud Dayで確かめてください。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム