クラウド・スケールでのタスクのスケジューリング、実行およびレポーティング

Oracle Orchestration Cloud Serviceは、RESTエンドポイント、スクリプト、またはサード・パーティの自動化フレームワークを呼び出すことで、ハイパー・スケールで実行されるタスクを自動化します。Oracle Orchestration Cloud Serviceは、これらのタスクをオンプレミス、クラウド、またはハイブリッド・クラウド環境でシームレスに実行します。このサービスは、Oracle Management Cloudの安全で統一されたビッグ・データ・プラットフォーム上に構築されます。
 

オープンかつ統合済

スタンドアロンのワークフローまたはその他のOracle Management Cloud Servicesから、任意のスクリプト(Chefレシピ、Pythonなど)を実行することや、RESTエンドポイントを呼び出すことが可能です
 

アプリケーションとクラウドに対応

オンプレミスまたはクラウドのインフラストラクチャやアプリケーション・スタックに対してタスクを実行できます
 

柔軟

任意のスケジュール(今すぐ、後でまたは繰り返し)でタスクを実行できます
 

スケーラブル

超大規模なクラウド・インフラ全体で、タスクを確実に実行します
 
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム