物理ネットワークおよび仮想ネットワーク全体でのネットワーキングおよび接続性

高度にカスタマイズ可能な仮想クラウド・ネットワーク(VCN)と、予測可能な一貫したパフォーマンス、分離、および可用性を提供する接続サービスを使用して、ITインフラを拡張します。 
 

サービス品質

パフォーマンスとセキュリティのためにアプリケーションを分離し最適化することで、ノイジー・ネイバーを排除します
 

ハイブリッド・クラウド

セキュアで冗長性のあるVPN接続を使用してエンタープライズ・ワークロードをクラウドで実行します
 

ミッションクリティカル

一貫した高ネットワーク・パフォーマンスをクラウドで実現します( Oracle Cloud Infrastructure SLAで保証)
 

柔軟

VCNをカスタマイズして内部ネットワークをミラーリングしたり、粒度の高い制御により新たなネットワーク・トポロジを構築します
 

Oracle Cloud Infrastructure Networking製品

Oracle Cloud Infrastructure仮想クラウド・ネットワーク

仮想クラウド・ネットワーク(VCN)はOracle Cloud Infrastructureのカスタマイズ可能なプライベート・ネットワークです。従来のデータ・センター・ネットワークと同様に、VCNではネットワーク環境を完全に制御できます。これには独自のプライベートIPアドレス領域の割当て、サブネット、ルート表の作成、およびステートフル・ファイアウォールの構成が含まれます。単一のテナントが複数のVCNを保有できるため、関連リソースのグループ化と分離が可能です。Oracleの新しい25Gbネットワーク・インフラストラクチャは、非常に多くの帯域幅を提供し、企業はコスト効率よくコンピュート、ストレージおよびデータベース・サービスをフルに活用できます。
VCNを使用することで、ユーザーが定義し所有する仮想ネットワーク内で、クラウド・インフラストラクチャを分離およびグループ化できます。Oracle Cloud Infrastructure VCNは、超低レイテンシおよびジッターで予測可能な一貫したスループットを実現する、最先端のネットワークを利用しています。
 
 
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム