メディアおよびエンターテイメント業界でデジタルに強い消費者に後れを取らないために

Oracleは、メディアおよびエンターテインメント(M& E)企業がデジタルの世界への移行とそこでの成功における課題に取り組むのを助けます。才能ある人々を引き付け、人材開発してつなぎ止め、コラボラティブなデジタル・ワークプレースを強化して生産性を向上させる未来を計画します。


業界のトレンド

消費者に力を与える
今日のオーディエンスは、どこにいても必要なものを必要なときに消費します。イノベーションに対する要求は高く、依然としてコンテンツが何より重要です。メディアおよびエンターテイメント(M&E)企業は、コンテンツ、デリバリおよびユーザー・エクスペリエンス全般のイノベーションによって、ユーザーを楽しませ、つなぎ止める必要があります。
コンテンツをめぐる闘い
ユーザー・エンゲージメント、人材および消費者支出をめぐる競争はかつてないほど熾烈になっています。先見の明のある企業は、デジタルの可能性の力を借りて、よりダイレクトでパーソナライズされたコンテンツ配信を実現しています。
コンバージェンスの高まり
コンバージェンスというのは、従来は異なる業界であったメディア、通信、エンターテイメントを分ける境界線があいまいになることですが、コンバージェンスはメディア・エコシステム全体に急激な変化を引き起こし、新たな成長の機会を生み出しています。
2017年の世界の海賊行為: テレビと音楽の違法行為が増加、映画は減少
NetflixやSpotifyなどの合法的なストリーミング・サービスの台頭にも関わらず、2017年のエンターテインメント界でもデジタル海賊版の猛威は止まりませんでした。
没入型のエクスペリエンス
消費者のメディア消費行動は、イノベーションを促進するとともに、コンテンツ作成者に新たな収益源をもたらしています。メディア企業は、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、人工知能(AI)などの最先端テクノロジを活用しています。その結果、より没入型の消費者エクスペリエンスが生み出され、M&E企業の競争優位性が向上します。
オーバーザトップ・ストリーミング
ダイレクト・トゥ・コンシューマの需要は、M&E企業がビジネスを行う方法を変えつつあります。この新しい世界で成功を収めるために、M&E企業はコンテンツを作成して販売し、配布するだけでなく、顧客との直接の継続的な関係を世界規模で作り出すオーバーザトップ(OTT)ストリーミング・プラットフォームを構築しなければなりません。

インダストリ・ソリューション

 
デジタル・ホーム・サービス(DHS)は、セットトップ・ボックスとサービス集中型有料テレビの事業者を対象とした新しいクラウドベースのOracleソリューションです。このサービスにより、優れたサービスを消費者に提供すると同時に、テレビ・サービス・ビジネスを運営する統合プラットフォームの提供能力を飛躍的に進歩させることができます。DHSは、IoT、AI、モバイル、チャットボット、リモート・ビデオ・サポートなどの最先端テクノロジと最新のデジタル顧客管理を組み合せて、デジタル・ホーム・サービスの次世代機能を提供します。
コンテンツの作成と配信をめぐる競争が激化し、多くの企業がダイレクト・トゥ・コンシューマに移行する中で、メディアおよびエンターテイメント業界では効率的な財務システムおよびプロセスが不可欠なものとなっています。Oracle Cloudテクノロジは、M&E業界のお客様が進化するM&Eバリュー・チェーンを通じて財務の変革を推進し、企業およびプロダクションの財務に対する可視性とインサイトを強化できるよう支援します。
オラクルは、メディアおよびエンターテイメント企業が直面している課題に対処し、移行してデジタル世界で成功を収めることができるよう支援します。規模拡大とコンテンツ作成の闘いを切り抜ければ、人材獲得の闘いで先手を打つことができます。オラクルは、人材を引き付け、開発し、維持しようとするM&E企業が将来の計画を立てるお手伝いをいたします。これは、ますますデジタル化とコラボレーション強化が進む職場で、M&E企業がHRの新しいトレンドに対応して、急速に変化するM&E環境でのビジネス変革に対応できるよう支援することにより実現されます。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム