接続された工場からのリアルタイムのインサイト

IoT生産モニタリングでは、工場や製品、マシン全体の生産パフォーマンスを継続的に追跡して予測することが可能なため、製品を時間どおりに配送できます。
 

Industry 4.0をシンプルに

工場や製品、マシンに対してクラス最高の生産モニタリングを活用できます。
 

製造のデジタル・ツイン

工場や操業状態をデジタル変換することで、リアルタイムに可視化されます。
 
 

規範的な分析

機械学習モデルでマシンと工場の稼働時間を改善できます。
 

製造とSCMの統合

製造とサプライ・チェーンのシステムをシームレスに統合することで、手動入力を省き、決定に従って行動できます。
 

ハイライト

産業革命
作業現場をリアルタイムで把握できるようにすることで、テクノロジによる製造革命が起ころうとしています。製品を製造するために設計された物理システムが通信することや、人とシステム、あるいはシステム同士の連携が可能になっています。
Industry 4.0とOracle IoT Production Monitoring Cloud
第4次産業革命と呼ばれるIndustry 4.0の到来です。Industry 4.0の引き金となっているテクノロジと、Oracle IoT Production Monitoring Cloudが工場の操業状態改善にどのように役立っているかをご覧ください。
現場の状況確認
IoT生産モニタリングにより、工場の効率が大幅に改善し、サプライ・チェーンのさらなる強化につながります。

関連製品

Oracleのサプライ・チェーン管理ソリューションを構成する関連製品をご紹介します。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム