接続された全保有車両からのリアルタイムのインサイト

車両、運転手、移動をリアルタイムで監視することにより、すべての保有車両の効率が向上します。車両の場所、運用コスト、車両の使用状況、運転状況がリアルタイムで可視化されます。
 

すべての保有車両をリアルタイムで可視化

車両の場所、ステータス、状態のすべてを指先一本でリアルタイムに把握できます
 

全保有車両をデジタル変換

すべての保有車両を瞬時に接続し、物流業務をデジタルに変換できます
 
 

ETA予測の改善

ETA予測を改善し、その影響がサプライ・チェーンに及ぶことで、カスタマ・エクスペリエンスが向上します
 

サプライ・チェーンとの統合

輸送と物流のプロセスを最適化するために構築されています
 

ハイライト

IoT対応のスクーターに注目
SoftbankのMobility as a Serviceは、Oracle IoT Cloud Serviceを利用しています。Softbankがオラクルのクラウド・サービスからどのようなメリットを得ているかをご覧ください。
Oracle IoTが接続された車両を有効化
LochbridgeはOracle IoT Cloudを使用し、IoTの予測能力で、接続されている車両の点検時期の把握や、物流業務の調整、ダウンタイム発生の回避を実現しています。
IoTがCotralの乗客エクスペリエンスを変革
公共交通機関のリーダーとしての地位を維持するため、Cotralは、地理空間やモバイル、分析の分野でIoTアーキテクチャをデプロイしました。

関連製品

Oracleのサプライ・チェーン管理ソリューションを構成する関連製品をご紹介します。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム