工業生産の未来を変革

工業生産の未来を変革するには、スケーラブルなクラウド・プラットフォームが必要です。クラウドへの理想的な移行の開始をオラクルがどのように支援できるかをご覧ください。
 
 

業界のトレンド

新しいデジタル・ビジネス・モデル
クラウドやInternet of Thingsなどの革新的なテクノロジによって、工業生産業者は新しいビジネス・モデルの開発を促進できます。オラクルがその方法をご紹介します。
イノベーションを加速
デジタル時代に存在する機会を利用するには、製造業者は、新しいテクノロジを幅広く採用していく必要があります。Manufacturing Leadership Journalのこの記事では、オラクルがどのように対応しているかを紹介しています。
グローバリゼーション
第4次産業革命(4IR)が始まり、あらゆる産業に関わる製品、プロセスおよびサプライ・チェーンを変貌させる新しいテクノロジや手法をもたらしています。
革新的なテクノロジ
ブロックチェーン・テクノロジでは、企業や業界が将来のサプライ・チェーンを管理、運営する方法を変革するであろう、新しいレベルの信頼性、透過性および効率性が生まれることが期待できます。
クラウドPLMへの道
クラウド・サービスはあらゆる領域に瞬く間に広がり、いくつかの分野における市場を抜本的に変貌させ、PLMがその次の段階となる準備が整っています。
変化への対応
デジタル製造による柔軟な生産機能を活用して、生産サイクル全体を合理化し、変化に対応して、高品質な製品を予定どおりに提供します。

インダストリ・ソリューション

 
拡張現実、マシン・ビジョン、デジタル・ツイン、データ・サイエンスなどの新しい機能を備えたOracle Industry 4.0を使用すると、アセット、機械、従業員および自動車のパフォーマンスについてのリッチなインサイトが得られます。これにより、組織のサプライ・チェーン、製造および物流を最適化し、新製品の市場化にかかる時間を短縮し、新しいビジネス・モデルを実現することが可能になります。
オラクルのコネクテッド・デジタル・イノベーション・ソリューションは、発案からリリース、使用、サービス提供まで、製品のライフサイクルを追跡するデジタル・スレッドを提供する最新のクラウド・プラットフォームです。
オラクルの「デジタル時代のリードから入金まで」ソリューションでは、オムニチャネル・カスタマ・エクスペリエンスの基盤を提供し、製品をサービスとして提供するなど、新しい収益モデルをサポートする柔軟性を企業にもたらします。
オラクルのIntegrated Business Planningソリューションによって、リアルタイムのサプライ・チェーンの可視性、適応型需要管理、信頼のおける販売および運営計画が提供され、企業は、生産、流通および調達を調整して需要の変化に迅速に適応することができます。
Oracleのブロックチェーンを使用したDigital Supply Chain業界ソリューションは、複数の当事者間での契約の履行に使用されるスマート・コントラクトを備えた分散型デジタル台帳を提供し、取引をより透明にし、あらゆるレベルで製品の来歴を維持し、サプライ・チェーンの効率を改善し、コストを削減します。
オラクルのAdaptive Digital Manufacturingソリューションは、資産とプロセスをリアルタイムで監視するための強力なツール・セットを提供します。このソリューションは、IoTデータに対する予測的インサイトとルールベースのアラート、企業データと運用データとの収束およびコンテキスト化、ビッグ・データから隠されたインサイトを得るためのアダプティブ・インテリジェンスの利用、およびインサイトに基づいた迅速な是正措置を可能にする閉ループの実装を提供します。動的な製造ニーズと状況に対応し、適応する能力を備えたデジタル生産性ソリューションです。
オラクルのスマート・コネクテッド・ファクトリ・ソリューションは、製造業者が、保守要件の予測と解決、品質の問題と機械や環境要因の関連付け、ダウンタイムの削減および品質の向上を図れるよう支援します。
消費者の要求の変わりやすさ、ヒューマン・エラー、市場の競争により、業界の環境は効率性、品質および安全性の向上を常に迫られています。オラクルは、設備、品質センサーおよび従業員を倉庫プロセスに接続することで、倉庫業務をコラボラティブに管理、改善するための最新プラットフォームを提供します。オラクルのスマート・コネクテッド・ウェアハウスを使用すれば、メンテナンスと品質の問題をより的確に予測し、ダウンタイムを削減し、在庫、スペース最適化および製品トレーサビリティを改善し、業務を360度の視点で把握することができます。
輸送ネットワークの合理化から倉庫業務の微調整まで、企業はオラクルのデジタル・ロジスティクス・ソリューションを利用して、サプライ・チェーンを管理し、フルフィルメント業務を迅速化し、幅広いビジネス・プロセスを簡素化することができます。
アセットおよびサービス集約型の業界向けのオラクルの革新的なデジタル・フィールド・サービス(DFS)ソリューションは、サービス・ビジネスの実行とモバイル・サービスのスケジューリングおよびルーティングの最適化を支援する統合型プラットフォームです。
ほとんどの組立て製造業者は、サブスクリプションベースの消費モデルを提供する方向に向かっています。オラクルのDigital Service and Monetizationソリューションは、これらの企業が消耗品やサービスのサブスクリプションからサービスとしての製品に至る様々な新しいビジネス・モデルを提供するのに役立ちます。
物流サービス・プロバイダ向けQuote to Cashソリューションは、運送契約の交渉をサポートするために必要な基盤を提供するだけでなく、顧客サービス担当者が1回限りまたは常連ではない顧客に対するスポット・レートを見積もるのにも役立ちます。
 
 
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム