Oracle Cloud Infrastructure Architect Associate認定資格

Architect Associate認定資格は、Oracle Cloud Infrastructureサービスについての深い知識を実証するもので、業界の専門家の方々の競争力となります。この認定資格は、希望する方はどなたでも受験できます。
 

認定資格の詳細

  • 認定資格名: 1Z0-932 - Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate
  • 対象者: Oracle Cloud Infrastructureサービスを使用してインフラストラクチャ・ソリューションを設計する責任を負う専門家を対象としています
  • プラットフォーム: Oracle Universityで使用可能であり、Pearson VUEを介して提供されます
  • 試験時間: 105分
  • 合格スコア: 65%
  • 試験費用: 245ドル*
*Oracle PartnerNetwork (OPN)のメンバーである方、または試験の登録時にOPN番号を使用された方には、25%割引が適用されます。

認定資格のメリット

  • 同僚に差をつけ、クラウド技術業界において信用を構築
  • Oracle Cloud Infrastructureを使用してソリューションを作成するための知識とスキルを実証
  • オンライン・プロファイル用のデジタル・バッジを使用して能力を共有
  • より高い給与平均実現への道として認定資格を確保

成功への道

Oracle Cloud Solutions Infrastructure 2018 Associate Architect認定資格への備えを万全にするため、6か月間のハンズオン・トレーニングをお薦めします。試験の準備に役立ち、確実にサービス情報を更新できる、次のリソースもご利用いただけます。
 
学習パス:
 
  1. Oracle Cloud Infrastructureのコア・サービスがすべて網羅されている基本(Level 100)のオンデマンド・トレーニング・コースを受講します。Level 100ハンズオン・ラボで学んだ内容の練習をします。
  2. Oracle Cloud Infrastructureのホワイトペーパー製品ドキュメンテーションおよびブログを確認します。
  3. 模擬試験を受験します(オラクルのアカウントが必要です)。
  4. (オプション)ポリシー言語やネットワーキングのベスト・プラクティス、高可用性とディザスタ・リカバリの高度な構成など、より高度なトピックを扱っている高度(Level 200)なオンデマンド・トレーニングを受講します。
注意: 現在、次のトピックは、Architect Associate試験の一部として評価されていません。サービス: Container Engine、Registry、Key Management、Data Transfer、Storage GatewayおよびEmail Delivery。DevOpsツール: CHEF、Ansible、TerraformおよびCLI。
 
試験に関するトピックの詳細は、 試験ガイドをご覧ください。

認定資格試験の登録プロセス

認定資格試験に登録するには:
 
  1. http://www.pearsonvue.com/oracleにアクセスします
  2. 右上の「Oracle」の下にある「Sign In」をクリックします。
  3. Pearson VUEアカウントを使用してログインします。
  4. 「Proctored Exam」をクリックします。
  5. 「1Z0-932: Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」と入力し、「Go」をクリックします。
  6. 試験を受ける方法を選択し、プロンプトに従います。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム