Oracle Cloud Infrastructureサービス・レベル合意

企業がクラウド・インフラストラクチャに求めるものは可用性だけにとどまりません。ミッション・クリティカルなワークロードには、一環したパフォーマンスや、クラウド内でいつでも機能するリソースを管理、監視および変更する能力も必要です。サービスのパフォーマンス、可用性および管理性を網羅するエンドツーエンドのSLAを提供できるのはオラクルだけです。
可用性

稼働時間と接続性に対するオラクルのコミットメントによって、お客様のクラウド・ワークロードの継続的な機能が保証されます。

管理性

インフラストラクチャが柔軟で構成が可能であることは、アプリケーションがクラウドに移行される理由の一部でもあります。このようなメリットを活かすには、サービスが常に管理可能である必要があります。オラクルは、お客様が確実にリソースを管理、監視および変更できるように管理性に関するSLAを提供しています。

パフォーマンス

IaaSリソースは単にアクセス可能であるだけでは不十分です。これらは、想定のとおりに一貫して動作する必要があります。オラクルはパフォーマンスを保証する第一のクラウド・ベンダーです。このため、お客様は、エンタープライズ・アプリケーションを対象としたお客様自身のインフラストラクチャに頼ることができます。

可用性

サービス/リソース
測定
月次SLA率
SLAに違反した場合のOracleサービス・クレジット
Compute
リージョン的に使用不可 99.99%以上の稼働時間 10%
Compute
リージョン的に使用不可 99%以上の稼働時間 25%
Compute
アベイラビリティ・ドメインの使用不可 99.95%以上の稼働時間 10%
Compute
アベイラビリティ・ドメインの使用不可 99%以上の稼働時間 25%
Block Volumes
リージョン的に使用不可 99.99%以上の稼働時間 10%
Block Volumes
リージョン的に使用不可 99%以上の稼働時間 25%
Object Storage
APIエラー率 99.9%以上の稼働時間 10%
Object Storage
APIエラー率 99%以上の稼働時間 25%
FastConnect
プライベート接続 99.9%以上の稼働時間 10%
FastConnect
プライベート接続 99%以上の稼働時間 25%

管理性

サービス/リソース
測定
月次SLA率
SLAに違反した場合のOracleサービス・クレジット
Compute
APIエラー率 99.9%以上の稼働時間 10%
Compute
APIエラー率 99%以上の稼働時間 25%
Block Volumes
APIエラー率 99.9%以上の稼働時間 10%
Block Volumes
APIエラー率 99%以上の稼働時間 25%
Database
APIエラー率 99.9%以上の稼働時間 10%
Database
APIエラー率 99%以上の稼働時間 25%

パフォーマンス

サービス/リソース
測定
月次SLA率
SLAに違反した場合のOracleサービス・クレジット
ComputeのローカルNVMeドライブ
ディスクIOPS 公開されたパフォーマンス(稼働時間の99.9%)の90%を超えるリソース・パフォーマンス 10%
ComputeのローカルNVMeドライブ
ディスクIOPS 公開されたパフォーマンス(稼働時間の99%)の90%を超えるリソース・パフォーマンス 25%
Block Volumes
ディスクIOPS 公開されたパフォーマンス(稼働時間の99.9%)の90%を超えるリソース・パフォーマンス 10%
Block Volumes
ディスクIOPS 公開されたパフォーマンス(稼働時間の99%)の90%を超えるリソース・パフォーマンス 25%
ネットワーク
ネットワーク・パフォーマンス 公開されたパフォーマンス(稼働時間の99.9%)の90%を超えるリソース・パフォーマンス 10%
ネットワーク
ネットワーク・パフォーマンス 公開されたパフォーマンス(稼働時間の99%)の90%を超えるリソース・パフォーマンス 25%

月次SLA (分/時単位)

  • 99.99%以上の稼働時間: 月当たり4.38分以下のダウンタイム
  • 99.95%以上の稼働時間: 月当たり21.56分以下のダウンタイム
  • 99.9%以上の稼働時間: 月当たり43.8分以下のダウンタイム
  • 99%以上の稼働時間: 月当たり7.2時間以下のダウンタイム
 

リソース

Oracle PaaS and IaaS Public Cloud Services - 補遺

 
 

よくある質問

 

可用性SLA

可用性SLAのために複数のアベイラビリティ・ドメイン(AD)をデプロイする必要がありますか。

Oracle Cloud Infrastructure - Computeには、可用性SLAのオプションが2つあります。2つ以上のADにデプロイする場合は、リージョン的な使用不可を測定するSLA (99.99%の可用性を保証)が適用されます。単一のアベイラビリティ・ドメインに存在する複数のフォルト・ドメインにデプロイする場合は、アベイラビリティ・ドメインの使用不可を測定するSLA (99.95%の可用性を保証)が適用されます。

稼働時間はどのように計算されますか。

稼働時間は毎月、「月次稼働時間率」として計算されます。

  • Oracle Cloud Infrastructure - ComputeおよびOracle Cloud Infrastructure - Block Volumeの月次稼働時間率は、Oracle Cloud Infrastructure - ComputeおよびOracle Cloud Infrastructure - Block Volumeが規定どおりに「リージョン的に使用不可」の状態であった当該月内の分単位の時間の割合を100パーセントから引いて計算されます。
  • Oracle Cloud Infrastructure - Object Storageの稼働時間率は、当該月内の5分間ごとの「APIエラー率」の平均を100パーセントから引いて計算されます。
  • Oracle Cloud Infrastructure - FastConnectの月次稼働時間率は、専用回線が「使用不可」の状態であった当該月内の分単位の時間の割合を100パーセントから引いて計算されます。

複数のアベイラビリティ・ドメイン(AD)が使用不可になったらどうなりますか。

可用性SLAは通常、リージョン全体のイベントが原因で発動されます。リージョン内の複数のADが停止した場合、これらのAD内でデプロイされているすべてのサービスが影響を受けます。

管理性SLA

管理性SLAの対象はアベイラビリティ・ドメイン(AD)レベルとリージョン全体のどちらですか。

管理性SLAはサービス全体が対象であり、ADレベルで定義されます。

Oracle Cloud Infrastructure - Compute、Oracle Cloud Infrastructure - Block VolumeおよびOracle Cloud Infrastructure - Databaseの稼働時間はどのように計算されますか。

それぞれの「月次稼働時間率」は、当該月内の5分間ごとの「APIエラー率」の平均を100パーセントから引いて計算されます。

パフォーマンスSLA

ネットワーク・パフォーマンスSLAの場合、顧客からの請求に対してどのようなサービス・クレジットが提供されますか。

請求を行うお客様によって消費された基礎の計算リソースに対してサービス・クレジットが提供されます。

一般的なSLAサービス・クレジット・プロセス

サービス・クレジットとは何ですか。サービス・クレジットはどのように計算されますか。

サービス・クレジットは、該当するサービス・コミットメントが満たされなかった月にOracle Cloud Infrastructure Serviceに対してお客様がオラクルに支払った正味料金の割合として計算され、お客様の請求をオラクルが承認した翌月にお客様に付与されます。サービス・クレジットは、該当するOracle Cloud Infrastructure Serviceに関するOracle PaaS and IaaS Public Cloud Servicesの補遺のサービス・レベル合意セクションに規定されているサービス・コミットメントをオラクルが満たさなかった際のお客様の唯一かつ排他的な救済です。サービス・クレジットは、該当するサービス・コミットメントが満たされなかった特定のOracle Cloud Infrastructure Serviceに対してのみ提供されます。

顧客がSLAの不履行を特定してサービス・クレジットを申請する必要がありますか。

はい。お客様がSLAの請求を申請し、SLAの不履行の裏づけとなる証拠を提供する必要があります。

サービス・クレジットの受取りを要求できるのは誰ですか。

Oracle PaaS and IaaS Public Cloudの補遺に規定されているSKUとともにOracle Cloud Infrastructureサービスに対してお支払いいただいているお客様であればどなたでもサービス・クレジットの受取りを要求できます。Oracle Storeを介して前述のサービスを購入されたお客様がサービス・クレジットを受け取る資格を得るには、オラクルとの請求サイクルが少なくとも1回は完了している必要があります。詳細は、Oracle PaaS and IaaS Public Cloudの補遺を参照してください。

サービス・クレジットの請求リクエストが処理される平均所要時間はどれくらいですか。

サービス・クレジットに対する請求は、該当するOracle Cloud Infrastructure Serviceが適切なサービス・コミットメントを満たさなかった原因となる問題の発生日から30日以内にお客様が申請する必要があります。オラクルは、オラクルが請求を受け取ってから60日以内に営利的に妥当な努力を払います。

サービス・クレジットに対する請求が正当であると確認されたらどうなりますか。

サービス・クレジットに対する請求が正当であると確認されたら、オラクルが請求を承認した翌月にお客様の残高が引き上げられます。たとえば、Universal Creditの一部としてお客様が毎月10万ドルを支払っており、オラクルの請求承認後に5,000ドルのクレジットを受け取る場合、超過料金が請求される前にお客様の翌月のリソースが10万5,000ドルになるように残高が引き上げられます。

顧客がOracle Cloudサービスに対してサービス・クレジットを使用できますか。

サービス・クレジットに対するお客様の請求が承認された後に残高が引き上げられたら、お客様のUniversal CreditまたはPay-as-you-Goアカウントにリンクされている任意のOracle Cloudサービスに対してサービス・クレジットを自由にお使いいただけます。

 

注意: このFAQドキュメントは、Oracle PaaS and IaaS Public Cloud Servicesに関する一般的な質問に対する一般参照用として作成されたものです。FAQドキュメントで扱われているトピックの完全な説明、およびOracle PaaS and IaaS Public Cloud Servicesに該当する他の使用条件については、2018年2月付けのOracle PaaS and IaaS Public Cloud Servicesの補遺を参照してください。

 
 
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム