物理接続

Oracleネットワーク・プロバイダまたは交換パートナの使用

オラクルのFastConnectパートナにクラウド接続サービスを要求することによって、Oracle Cloudリソースがプロビジョニングされるデータセンターにオンプレミスまたはリモート・データセンターからFastConnect接続を確立できます。ユーザーがオラクルのクラウド・サービスとの接続を簡単に確立できるように、地理的に分散した一連のIP VPNプロバイダ、イーサネット・ネットワーク・プロバイダおよびCloud ExchangeにFastConnectサービスを統合するための努力が重ねられています。
データセンター拠点の完全な一覧は、 Oracle FastConnectパートナを参照してください。
この接続モデルは、いずれかのOracle FastConnectパートナが提供するネットワーク接続サービスを使用することを計画しているか、すでに使用している場合に適しています。選択するOracle FastConnectパートナによっては、冗長クラウド接続サービスを注文する必要がある場合があります。
 

オラクルに直接接続: データセンター・コロケーション

データセンター・プロバイダからコロケーション・スペースを購入した場合は、Oracle FastConnectを使用して、そのコロケーション施設内のネットワーク機器から、このロケーションにプロビジョニングされるOracle Cloudサービスへの接続を確立できます。オラクルは、データセンター・プロバイダがOracleのFastConnectエッジ・デバイスへのダイレクト・クロスコネクトの確立に必要な認可書(LOA)を提供しています。
この接続モデルは、Oracle FastConnectロケーションにすでにプレゼンスがあるか、そこにコロケーション・プレゼンスを確立する予定である場合に適しています。冗長性が必要な場合は、データセンターへのこのような接続を2つ注文できます。
 

オラクルに直接接続: サード・パーティ・ネットワーク・キャリアが提供する専用回路

Oracle FastConnectパートナでないネットワーク・キャリアにプライベート回路または専用回路を注文することによって、クラウド・リソースがプロビジョニングされるオラクルのデータセンターにリモート・データ・センターからFastConnect接続を確立できます。このサード・パーティ・ネットワーク・キャリア(通常はMPLS VPNプロバイダ)は、オンプレミス・ネットワークとオラクルのFastConnectエッジ・デバイスの間の物理接続全体(オラクルのデータ・センター内の最後の接続区間を含む)に責任を負います。オラクルは、回路のプロビジョニングを委任するネットワーク・キャリアに渡す必要がある認可書(LOA)を提供しています。冗長性が必要な場合は、ネットワーク・キャリアからオラクルのデータセンターへのこのような回路を2つ注文できます。
この接続モデルは、特定のネットワーク・キャリアとすでに関係がある場合や、お客様のオンプレミス・データセンターまたはリモート・データセンター拠点に対応しているオラクルのFastConnectパートナがない場合に適しています。

ルーティング・モデル

Oracle FastConnectパートナの使用

前述のモデルのいずれかを使用して物理接続を確立した場合は、ネットワークとOracle FastConnectサービスとの間でIPルートを交換することによって、FastConnect上でオラクルのクラウド・サービスにアクセスできることを確認する必要もあります。このルート交換は、業界標準のBGPルーティング・プロトコルを使用して行われます。ルーティング・モデルは物理接続モデルをベースにしています。
オラクルに直接接続している場合は(コロケーションまたはサード・パーティ・ネットワーク・キャリア)、ネットワーク機器とオラクルのFastConnectデバイスとの間で直接BGPが確立されます。
   
オラクルのFastConnectネットワーク・プロバイダまたは交換パートナのいずれかを使用している場合は、該当するパートナのデバイスとBGPセッションを確立するか、オラクルのFastConnectデバイスと直接BGPセッションを確立する必要があることがあります。BGPルーティングの適切な確立手段については、Oracle FastConnectパートナに相談してください。
   
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム