ビジネスに最も重要であるオーディエンスにリーチ

Oracle Data Cloudは、広告主と適切なお客様との関係性の確立、すべてのインタラクションのパーソナライズ、および各エンゲージメントの有効性の評価を支援します。Oracle ID Graphを搭載したこのOracle Data Cloud は、真のクロスチャネル消費者理解を生み出し、これにより、お客様は誰なのか、職業は何か、どこに出かけるのか、および何を購入するのかをより詳しく知ることができます。
 
 

オーディエンスの定義

独自の顧客データ・アセットを取り込むか、外部オーディエンスのマーケットプレイスにアクセスして、ビジネスにとって最も重要な顧客により多くリーチします。

メッセージの提供

メッセージングをパーソナライズし、広範なメディア統合ネットワークを通じて、適切なオーディエンスに様々なデバイスで適時に提供します。

結果の測定

キャンペーンや広告のビューアビリティの有効性を測定し、自社のブランドが安全な環境で表示されていることを確認します。

ハイライト

Modern Customer Experience 2018
シカゴで開催された数百人の講演者、デモ、そして実習を中心とする3日間のノンストップ・アクティビティにCXプロフェッショナルが参加しました。
ファーストパーティ・データとサードパーティ・データの価値を解き放つ
最も優れた資産であるファーストパーティ・データと豊富なサードパーティ・オーディエンスを組み合せ、すべてのデバイスとチャネルにリーチを拡大します。このホワイトペーパーでその方法をご紹介します。
オーディエンスはあらゆるものにあります
リーチできるオーディエンスについて詳しく知りたいですか。オーディエンス戦略集をダウンロードしてください。46,000を超える事前構築済オーディエンスをご紹介しています。
データに関する質問がありますか。Data Hotlineにご連絡ください。
オラクルのグローバル・データ・エキスパートが、オーディエンスや実行可能性、一般的なデータ関連の質問に電話でお答えします。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム