通信業界の未来を変革

通信業界の未来を変革するには、スケーラブルなクラウド・プラットフォームが必要です。クラウドへの理想的な移行の開始をオラクルがどのように支援できるかをご覧ください。


業界のトレンド

生き残りのための差別化
変化が激しく課題の多い環境で、通信事業者が競争に勝ち成功を収めるには、変革戦略が持つことが必要不可欠です。テクノロジの能力が、それを支える原動力となります。
ソーシャルでの成功
Vodafoneが、営業チームのサポート、顧客のプロファイリング、および関連性が高くパーソナライズされたコンテンツの作成におけるソーシャル・インサイトの重要性について語っています。
市場機会の獲得
アルゼンチンのケーブルテレビ会社最大手であるCablevisionが、300万人の顧客のニーズをさらに満足させるために、Oracle Sales Cloudに移行しテクノロジを転換することを決定しました。
プロセスの再構築
CSPの現在および将来の戦略的なビジネス上の課題とOracle CX Cloud for CommunicationsによるそのサポートについてのIDCの評価をご紹介します。
テクノロジの転換
Orangeは、イノベーション、採用のしやすさ、さらに29か国にわたる249,000,000人の顧客の複雑な管理を軽減するために、Oracle ERP Cloudを選択しました。
イノベーションを加速
ベスト・プラクティスを活用するために、Transit Wirelessは従来のオンプレミス・システムから、Oracle Cloudによる統合されたERPおよびHCMクラウド・プラットフォームに移行しています。

インダストリ・ソリューション

 
オラクルのビヨンド・コネクティビティ・ソリューションにより、CSPは、革新的なデジタル・サービスおよびデータ収益化による収益を拡大することで、エンタープライズ・ビジネスの利益を向上させることができます。このソリューションでは、顧客のニーズや行動に適合した製品により、顧客との関係性を深め、最新かつパーソナライズされた購買エクスペリエンスにより販売の有効性を高め、リードから入金、提供までを網羅したクラウドネイティブのソリューションにより、効率的な運用を促進し、俊敏性を向上させ、イノベーションを推進できます。
オラクルのデータ主導型イノベーションは、通信サービス・プロバイダ(CSP)が豊富なデータを使用して収益化、シナジー創出、パーソナライズおよび最適化を実現できるよう支援します。CSPは、非常に高い価値があり、大部分はまだ活用されていないリソースを有しています。大量に蓄積された顧客データ、デバイス・データおよびネットワーク・データです。データ主導型イノベーションを使用すれば、CSPはデータの集計、分析、アクティブ化を1つの統一プラットフォームで行えるので、新たな収益源を生み出し、サービスを差別化し、効率性を得て、デジタル変革を強化することが可能になります。
Monetization Cloudは、革新的なデジタルおよびサブスクリプション・ベースのサービスの立上げにおいて市場投入までの期間を短縮します。これらのサービスを収益化するには、消費ベースの請求、任意のメトリックでの評価およびリアルタイムでの残高管理による柔軟な新しいオファーの作成を迅速に行う必要があります。
オラクルのデジタル・コンバージェンス・ソリューションにより、通信サービス・プロバイダ(CSP)は、顧客との関係をパーソナライズでき、サービスを顧客にとってより価値の高いものとし、その結果、革新的な統合デジタル・サービスによってウォレット・シェアを向上させることができます。
オラクルのディスラプティブ・サービス・ソリューションにより、CSPは、シンプルでパーソナライズされたカスタマ・エクスペリエンスを提供し、顧客を引き付け、市場シェアを獲得できます。このソリューションにより、顧客はデジタル・チャネルを使用して自身の利用エクスペリエンスを完全にコントロールでき、CSPは、変化を続ける市場環境および顧客の要求に俊敏に対応できます。その結果、CSPは、革新的にシンプルで常識を破壊するような価格のサービスおよび簡単なデジタル・エクスペリエンスで、他社と競うことができます。
オラクルの通信業界向けサプライ・チェーン最適化ソリューションでは、クラウドに移行し、サプライ・チェーン・プロセスの最新化および変革によりサプライ・チェーン・システムの数を減らすことで、CSPは運用コストを削減できます。これは、通信業界が直面している大変動に対応するために必要なビジネス変革を支える基盤となります。
Live Experience Cloudは、革新的な顧客エンゲージメントの提供を支援するモバイル主導のカスタマ・エクスペリエンス・プラットフォームです。アプリケーション内のリアルタイム・インタラクション・チャネルにより、個々の行程の主要な瞬間でお客様との関係を築き、プロアクティブでシームレス、有意義なエクスペリエンスを提供できます。企業はロイヤルティ、維持率および顧客満足度を向上させることができます。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム