Oracle Cloud Infrastructureに移行する理由
 

エンタープライズ・ワークロードの移行


 

世界で最も強力なデータベースからミッションクリティカルなビジネス・アプリケーションまで、オラクルは40年以上にわたり、エンタープライズのお客様のニーズに対応するテクノロジを作成してきました。オラクルは、その経験をOracle Cloud Infrastructureの基礎として使用しました。Oracle Cloud Infrastructureは、エンタープライズ・アプリケーション用の最適なプラットフォームとして新規に設計された最初のパブリック・クラウドです。Oracle Cloud Infrastructureはエンタープライズのお客様に次のものを提供します。

  • 最高パフォーマンスのブロック・ストレージ
  • ブロッキングを発生させないネットワーク
  • 一貫性のある予測可能なコンピュート・インスタンスのパフォーマンス
  • シンプルな価格設定モデル
  • 他のクラウド・プロバイダよりも最大50%低い総所有コスト

Oracle Cloud Infrastructureのメリット

 
 
総所有コストの削減

総所有コストの削減

 
Oracle Cloud Infrastructureでは、ユーザーは変化するビジネス需要に応じてITリソースを迅速にスケール・アップおよびスケール・ダウンできます。お客様は、使用対象のみについて支払うので、IT運用のコストを削減し、IT予算からより多くのものを得ることができます。
 
総所有コストの削減

ITの自己回復性とセキュリティ

 
クラウドへの移行は、最適なパフォーマンスでより安全なアーキテクチャを最も簡単に構築する方法です。Oracle Cloud Infrastructureの基盤となるアーキテクチャは、複数のリージョン、可用性ドメイン、フォルト・ドメイン、およびオンプレミスのIT環境に関連付けられた時間のかかる多くのタスクを自動化する様々な方法を提供します。
 
総所有コストの削減

ビジネスと運用の俊敏性

 
インフラ・コンポーネントの取得とオンプレミスのITリソースのプロビジョニングには6から18か月かかる場合があり、ほとんどのビジネスにとって、これが運用の俊敏性の大きな障害となっています。Oracleを使用すると、そのタイムラインは数週間に短縮されます。メリットには、TCOの低下と柔軟性の向上があります。
 
総所有コストの削減

インフラの統合

 
オラクルのクラウドにITを統合することで、組織はデータ・センター空間の購入またはリースやITインフラの管理とメンテナンスに関連する複雑さと設備投資から解放されます。お客様は、規制要件または地理的な市場の拡大のニーズを満たすためにも移行します。
 
 

費用の見積り

 

Oracle Cloud Infrastructureの総所有コスト(TCO)の計算は、このTCO計算ツールで簡単に行うことができます。これを使用して、Oracle Cloud Infrastructureに移行することで現在のITコストをどれくらい削減できるかを調べます。

 
 

クラウドの移行戦略

 

クラウドの採用には多くの道筋があります。一部は簡単で、迅速な投資対効果(ROI)を提供します。その他はより複雑で時間がかかりますが、長期的にはより優れたROIを提供します。ほとんどの企業では、クラウドの移行には次の3つの戦略の組合せが関係します。

 
 

既存のIT環境のクラウドへの移行

 
最小限の変更で既存のIT環境を移行することは、クラウド採用への最も迅速で経済的なパスです。このようなタイプの移行は、スナップショットを介してコンピュートおよびストレージ・レベルで行うか、アプリケーションの再インストールとデータの移行によって行うことができます。
 

クラウドのアプリケーションのリファクタリング

 
リファクタリングでは、オンプレミスのリソースを最適化されたクラウド・ネイティブ・アプリケーションに変換するためにアーキテクチャとコードの大規模な変更が必要です。このアプローチは組織がクラウド・ネイティブ機能のメリットを最大化するのに役立ちますが、最も複雑なクラウド移行戦略の1つでもあります。
 

サービスとしてのソフトウェア(SaaS)アプリケーションへの切替え

 
複雑さを軽減するために、組織はオンプレミスのアプリケーションを離れ、クラウド内の同様のSaaSアプリケーションの採用を選択する場合があります。SaaSアプリケーションは、管理の複雑さのない堅牢な機能を提供します。
 
 

オラクルのクラウドのメリットを実感する一番簡単な方法は、最小限の変更で既存のIT環境を移行することです。この「移行センター」ページは、お客様が移行するものがいくつかのアプリケーションとVMだけであるか、複数のデータ・センターであるかにかかわらず、クラウドへの移行を成功させるために必要なすべてのリソースをまとめるために作成しました。

 
 

Oracle Cloud Infrastructureへの移行

 

企業では、多くの場合に、標準ツールのコレクションまたは特注アプリケーションを使用して統合される多くの異なるベンダーからのアプリケーションを大量に使用します。ネイティブ・ツールとサードパーティ製ツールのコレクションを提供することで、Oracle Cloud Infrastructureは、実行しているアプリケーションに関係なく、組織が物理および仮想インフラストラクチャをオンプレミスのデータ・センターまたは他のクラウドから簡単に移行できるようにします。通常のクラウド移行には、移行するIT環境の評価から始まり、機能とパフォーマンスが完全にテストされたクラウドベースのITリソースの正常な起動で終わる5つのステージがあります。

 
Oracle Cloud Infrastructure移行計画
 
 

評価と計画

すべての成功する移行パターンの主要構成要素は、移行の実行方法の適切な計画です。

もっとよく知る >

ソースのキャプチャと準備

Oracle Cloud Infrastructureに移行する必要のあるすべての情報のキャプチャは、ターゲット環境が完全かつ実行可能になるために不可欠です。

もっとよく知る >

Oracle Cloud InfrastructureへのVM、データおよびファイルの転送

ソース・インスタンスを取得したら、次の手順はOracle Cloud Infrastructure内のターゲット環境にそれらを転送することです。

もっとよく知る >

ターゲット環境のプロビジョニングおよび最適化

ターゲット環境をプロビジョニングする場合は、パフォーマンス、可用性、セキュリティおよびガバナンスのために、その環境を最適化することが重要です。

もっとよく知る >

Oracle Cloud Infrastructureへの切替え

Oracle Cloud Infrastructure内のターゲット環境の準備ができたら、切替え操作を開始します。

もっとよく知る >

移行パートナ

 

最大50 VMの小規模な移行は、Oracle Cloud Infrastructureネイティブ・ツールと手動手順を使用して実行できます。しかし、データ・センター全体と数百または数千のVMを含む大規模な移行が計画で要求される場合は、オラクルの広範なパートナ・ネットワークのメンバーと協力することをお薦めします。選択できるリソースを次にいくつか示します。

  • Oracle Consulting Serviceは、移行に関する深い専門知識をユーザーに提供します。
  • オラクルのテクノロジ・パートナのページにアクセスして、独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)パートナからの特殊な移行ツールを探します。
  • システム・インテグレータ・パートナのページにアクセスして、クラウド移行パートナの実証されたOracleネットワークを活用します。

Oracle Cloud Infrastructureクラウド移行パートナの詳細 ❯

 

オラクルにご連絡ください

詳細は、1-800-633-0738でOracleセールス・チームに問い合せるか、営業担当者と今すぐチャットして、質問の回答をオンラインで取得します。


#ffffff
linear-gradient(to top, #afb1b2 0%, #eeeeee 90%, #eeeeee 100%);
Oracle Cloud Infrastructureを試す – $300分のクラウド・クレジット付き
 
 
 
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム