Oracle CASB: アプリケーションおよびワークロードを対象としたCloud Access Security Broker

Oracle CASB Cloud Serviceは、クラウド・スタック全体の可視性と、IT部門が必要とするセキュリティの自動化ツールの両方を備えた、唯一のCloud Access Security Broker (CASB)です。
 

脅威の検出

脅威インテリジェンスのリアルタイムのフィードと機械学習技術を活用し、セキュリティ・ベースラインの確立と行動パターンの学習を行うことで、クラウド・フットプリントに対する既存の脅威を特定します
 

予測アナリティクス

何百という脅威ベクターのリスクを評価し、潜在的な脅威の要約を作成する、特許出願中のモデリング技術で脅威の1歩先を行くことが可能です
 

自動インシデント・レスポンス

既存テクノロジとの統合だけでなく、ネイティブの機能を使用してフォレンジックやインシデント管理、オーケストレーション、修正を行うことにより脅威へのレスポンスを自動化することで、エンタープライズの安全を保ちます
 

セキュリティ構成管理

労働負荷が高く、間違いを起こしやすい手動プロセスをなくし、構成をアサートして、継続的に強制することで、クラウド・アプリケーション内のセキュリティ構成を管理します
 
 
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム