オラクルのAIプラットフォーム・クラウド・サービス

オラクルのAIプラットフォーム・クラウド・サービスを使用すると、機械学習に携わるユーザーやデータ・サイエンティストが、クラウドでの機械学習関連の作業用に総合的な環境を簡単かつ短時間でセット・アップできます。Oracle LinuxまたはUbuntuで、機械学習関連の作業に必要な事前インストールされたツールを含むマネージドなイメージを素早く設定できます。たとえば、高度なMLモデルを構築してトレーニングしたり、新しいアルゴリズムを使用した実験のための共通の機械学習フレームワークや、一般的なAIライブラリ、トレーニングを加速するための最高クラスのGPUへのアクセス、既存のデータソースへの容易なアクセスなどです。
 

簡単な設定

  • すべてのツールを含む完璧な機械学習開発環境、およびモデルの構築とトレーニングに必要なGPUドライバを迅速に設定できます。
  • 機械学習研究者がトレーニング・データ・セットに簡単にアクセスできます。
  • プラットフォームでモデルおよび関連ツールを利用できます。また、関連ツールがプラットフォームに事前に統合されています。
 

データ・ソースへの簡単なアクセス

既存のSpark-Hadoopクラスタ、Oracle Big Data Cloud Service、Oracle Database Cloud Service、Oracle Cloud Storage、Oracle MySQL Cloud Serviceの既存のデータに簡単にアクセスできます。EventHub Cloud Serviceは高スループット、低レイテンシのストリーミング・サービスを提供します。これはマネージドなサービスとしてKafkaを使用できる唯一のクラウド・サービスです。
 

高速なインフラ

モデル・トレーニングを加速し、さらに最高クラスのGPUにアクセス可能なフレームワーク、フラッシュ・ストレージ、25Gネットワークも高速化します。高パフォーマンス・インフラから精巧なモデルまで、非常に少数のインスタンスでワークロードを高速化できます。
 

アプリケーション開発を加速

機械学習モデルのトレーニングが完了したら、簡単にエクスポートしてすぐにアプリケーションで使用できます。これらは、Oracle PaaSの多彩なサービスとツールを使用して短時間で開発できます。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム