Account Reconciliation Cloudによりプロセスを合理化

自動処理を利用し、一般的にプロセスに関連するセキュリティとリスクに包括的に対処することで、グローバルな勘定科目の残高照合を効率よく管理および改善します。
 

自動化

取引照合および他の自動照合機能を使用して、パフォーマンス効率を向上できます。
 

統合

オラクルおよびその他のERPおよびEPMシステムからデータを統合することで、すべての勘定科目が対象となります。
 

管理

照合ライフサイクルの進捗状況およびステータスへの即時可視性を得られます。
 

ベスト・プラクティス

照合のベスト・プラクティスを利用できます。
 

ハイライト

クラウドの準備はできていますか。
Oracle CloudWorldイベントに参加して1日でビジネスを見直しましょう。インサイトがぎっしり詰まった1日です。
勘定科目照合を合理化
勘定科目残高とそのトランザクションを理解および証明する必要性は、規制および監査制御要件によって促進されます。
Oracle Account Reconciliation Cloud
組織は毎月末に数千の勘定科目照合を実行する必要があります。これらの大量の勘定科目照合を効果的に管理するには、組織が適切な勘定科目のプロセスを最適に自動化する必要があります。
最新の財務のエクスペリエンス
手動によるタスクが、ソフトウェア・ロボットや高度な認知システムに置き換えられつつあります。その方法を明らかにしましょう。2018年2月13日から15日、ニューヨーク。
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

お問合せ
×
すぐにご連絡ください
0120-155-096 (日本)

テクニカル・サポート

Oracle Cloudディスカッション・フォーラム